« 森のカフェで愉しむカレー | トップページ | 愛する道具たち (on works) »

2010年6月28日 (月)

モノクロームのglassたち

      

フトしたきっかけは美しい花の絵だった。

綺麗な花はそのまま撮って、プリントしても当たり前にキレイだ。そのキレイな花を色のないモノクロイメージに変えてみると、目に入る色の情報がヌケる為に、今度は花びらや葉、影などの細かなディテールに目が向くようになる。

色のないコントラストだけのモノクロのイメージ。 それは見る人達の色に対する想像力がかきたてられる絵なのかも知れない。

Monochrome_glass

glassは金属にも似た輝きと、磁器などにはない美しい透明感とを兼ね備えた唯一の器だと思う。

周囲の色に左右されないその透明感を楽しむのに monochrome は実に好都合な方法なのであろうか。

    

    

|

« 森のカフェで愉しむカレー | トップページ | 愛する道具たち (on works) »

color (色)」カテゴリの記事