« 2月の堅雪わたり | トップページ | cross (十字架) »

2010年3月31日 (水)

青い月 (blue moon)

ラヂオDJが「今夜は今年2度目のブルームーンですねぇ~」と話していた。ほう、今夜の月は特別に青くみえるのかぁ?と思ったのはたぶん・・・・自分だけだったかも知れない。実は恥ずかしながら先ほどまで「?」だった訳で、ネットにて詳細を知った次第だ。 (ホントに青い月も過去にあったらしい)

前回の1月30日の時は全国的に天気に恵まれなかったらしいが昨日はほぼ全国的に好天となったようだ。煙とナントかは高いところが好きらしい。やはり山からブルームーンを見てみたい衝動にかられ、駐車場に車を停めて動物の足跡だけが残るまだ雪深い山道を歩き出したのは、周囲が暗くなり始めたほんの日没直前だった。

Bulue_moon_01


                        < 2度目の青い月 >
                               
山形県米沢市

上の絵は20分ほど歩いてたどりついた稜線から見た、ブルームーンの出である。当たり前だがふつうの満月特有の赤っぽい感じでだった。でも願い事を2つと財布だけはしっかりとかざして稜線を後にした。  (ご利益は高度に関係ないかも知れないが)

往路の自分の足跡さえも不明瞭な暗い山道を下りながら、懐中電灯を忘れた事と、中敷きもない夏用の薄っぺらな長靴を安易にチョイスしたことをひそかに後悔した。 

Bulue_moon_02

下り始めて間もなくもう足の裏の感覚がなく何度か転びそうになる。里は春でもここはまだ真冬であり、実に寒い。これがもう少し程度がひどければたぶん遭難であろう。

今朝仕事場に出勤する時は何ら変わった事のない、ふつうの朝だったがラジオから偶然に耳にした、「ブルームーン」というキーワード。好天と、ここを来ることができた本日のスケジュールに感謝をこめて。条件が可能ならば、考えるよりまず行動と思い山に登ってこの景色を見る事が出来た。 出来ない理由を並べる方がカンタンだし自分もその方が楽かも知れない。他の難しい事もけしてあきらめずにどうすれば可能かを考える方が数倍楽しく (時には苦しい時も多いが・・・) 過ごせるのかも知れない。

月の高度が増すごとに 青みが増し まさに blue moon。
ラヂオDJも言っていたが、次回は2年後の8月31日である。
普通は3~5年に一度しか起こらない事なのに、
それが今年は2回も起きた、まさに奇跡の年である。 
『 今年 or 2010年 』というキーワードを持すべての人たちに

More Happy!

素晴らしい幸福と成功が訪れる事を祈りながら・・・・・・・

青い月明かりバーにて・・・ 嗚呼!今宵も 酔うて候。

    

    

|

« 2月の堅雪わたり | トップページ | cross (十字架) »

きづきの扉」カテゴリの記事