« そら  (2009 winter Vol. 2/4) | トップページ | そら  (2009 winter Vol. 4/4) »

2009年12月21日 (月)

そら  (2009 winter Vol. 3/4)

虹が見えた先週末とは一転した雪のそら。

Dpp_0101                                  < 降雪の頃 >
                              山形県米沢市

雨雲のそらと雪雲のそらは同じ鉛色なのであろうが、後者の方が雪の白さで少しだけ明るく感じるような気がする。

Dpp_0102

とおいそらより舞い降りて、みなもに吸い込まれて行くように消えゆく雪。枝の上に降り積もる雪とは、とおいそらで既に水の結晶となった時から決まっていたのだろうか?
いずれにしてもこれもまた、過ぎてゆく日々のゆきずりの眺めの一つである。
これからの雪明りと静寂の世界も好きである。夜中の真っ暗な窓にもほんのりと夜明け前のような白さが加わり、眠れぬ者たちの真夜中と明け方の時間の感覚をより一層不明確にする。走る車のノイズすら雪が吸収するのであろうか・・・・・早朝の除雪時間以外は静かな・静かな時間が訪れる。

雪も氷も水がカタチを変えているだけで、水としての本質はきっと変わっていないのだろう。

   この雪が融けたらなんになる?
                        水 or 春
                                 もちろん春さっ!

   

   

   

|

« そら  (2009 winter Vol. 2/4) | トップページ | そら  (2009 winter Vol. 4/4) »

seasons (季節)」カテゴリの記事