« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の記事

2008年6月27日 (金)

太るも、ヤセるも基礎代謝? 其の弐

<------其の壱からの続き------>

基礎代謝のなんと約半分を占める、カロリー消費の上得意先である筋肉と肝臓。


内蔵である肝臓の大きさが普通の1.5倍とか2倍とかある人は、まずいないであろう。だとすれば同じ食べ物(カロリーを摂取)を食べて太るか、太らないかは、それをどこまで消費できるかという、個人の体内環境(筋肉量と肝臓機能)に依存する部分が大きなウエイトを占めているのも事実だ。

基礎代謝はおおむね19歳前後でピークを迎え、そこからは降下の一途をたどる
悲しい運命が待っている。代謝力がピーク時の年代の人は、物凄い量を食べ方をするし、また太ったりもしない。それだけエネルギーを代謝(消費)する能力があるのである。

さて、その降下の一途をたどる基礎代謝だが、日常的な軽い運動を取り入れることでかなりのブレーキをかける事が可能のようだ。

そんなワケでなんとしても維持(守りたい)基礎代謝力だが、ある誤った行為によってカンタンに失ってしまう事がある。その誤った行為とはダイエットであると言えると思う。付け加えるとその前に(誤った)が付くのだが。

『あなたは何のためにダイエットを行うのですか?』という質問に対し、たぶん約7割強の方が『体重(体脂肪)を落とすため』とお答えになると思う。

でも正しいダイエットを選ばなければ、体脂肪組織ではなく筋肉組織が落ちる事をご存じだろうか。筋肉組織が落ちると表面化してくるのがいわゆる『やつれ』&『シワ』であることも。
(あらっ!○○さん、少しやせたんじゃない?)
そう気付かせたのが以外と頬のやつれだったり、首元のシワだったりするのも事実のようである。

どんなダイエットでも実行すれば、そりゃぁ、体重は落ちるようだ。
体重計に乗ればもう、嬉しい限りである。


でも落ちた体重の内訳について良く考えて頂きたい。
誤ったダイエットでは筋肉組織が落ちる事は前記した通りである。
加齢と共に大切にキープして行きたい基礎代謝(筋肉組織)だが、こんな間違った行為で
カンタンに失われてしまう事も頭の片隅にいれておいて頂きたい。

誤ったダイエットによった、行う前よりも失われてしまった基礎代謝。
以前食べていた食事量のカロリーですら、もう消費しきれないカラダになってしまっているのである。


これが
    一般的に太りやすい体質と言われるワケであり
          リバウンドの主な原因である。

    

    

    

|

2008年6月21日 (土)

太るも、ヤセるも基礎代謝? 其の壱

   

世の中って、ゼッタイに理不尽!

『どうして、あの人の私より食べてて太らないの?』 
こんな疑問を持った方はおられないだろうか?

それはきっと、お二人の基礎代謝力がその違いに由来している事が多いのでは。
(基礎代謝力?) これが健康的にヤセて、太らない為の key_Word其の壱だ。

『んじゃぁ~ 基礎代謝って何やぁ~』 と言う話になるのだが、一言でいえばアナタの口から入ったカロリーの約70%をアナタに何の苦労も感じさせずに『勝手に』使ってくれます。しかも24時間・年中無休で!いわばカロリー消費の上得意先であるようだ。

つまり、基礎代謝とはヒトの生命活動を維持するのに必要なエネルギーで①呼吸をする  ②血液を循環させる  ③体温を調整する ④脳を働かせる ⑤姿勢を保つ  ⑥肌や骨などをつくり変える  ⑦感覚器官を働かせる  ⑧免疫細胞を働かせる ⑨消化・吸収活動を行う  ⑩老廃物の処理をする・・・etcなどに、勝手にと言うかあなたに無断で使われているエネルギーだ。

『へぇ~~ 人によって基礎代謝力ってそんなに違うの?』と思われた方の為にその
内訳をのぞいてみよう。

1位は筋肉(約38%)  2位は肝臓(約12%)  以下3位・4位は胃腸と腎臓がそれぞれ7%と8%・・・・・・と続く。(参考:栄養学ハンドブック 技報堂より)
2位以下の内蔵、いわゆる肝臓とか胃腸、腎臓などは大きさ・機能に関して大きな個人差がある訳ではないものばかりだ。
基礎代謝の一番大きなファクターを握っているのが全体の約40%を占める筋肉量だったのである。

『でも、あの人そんなに筋肉モリモリじゃぁないよ!』 と不審に思われた方の為に。
ヒトの筋肉には大きく分けて【白筋】と【赤筋】の2種類があるのをご存じだろうか。
筋肉モリモリのボディービルダーや
プロレスラー、力士【おもに白筋の発達による】
           (VS)
細身でスタイリッシュなマラソンランナーやバレリーナ 【おもに赤筋の発達による】

そして双方、基礎代謝はそんなに変らなかったりするのである。
話がそれて来たので、筋肉の種類の違いが何をもたらすかについては次回にでも。

さて、太るも痩せるも基礎代謝?の話に戻すと、基礎代謝力が高い人はより多くのエネルギーを消費する能力があるという事を意味している。だから同じ高カロリーの食事を摂っても
基礎代謝の高い(筋肉量の多い)人はなかなか太りにくいのは事実であり、
基礎代謝の低い(筋肉量の少ない)人は・・・・・・・・・・想像に難くないのである。

筋肉+肝臓で約半分を占める基礎代謝。
肝臓の状態も、やせる・太るに関与すると言うのもここから来ているのかも知れない。

<---- 続 其の弐に続く ----->

    

    

    

|

2008年6月 3日 (火)

あんまり風薫らない5月

カレンダーはもう6月。

今年も間もなく半分終わってしまう事に妙な感動を覚え・・・・・・・
   ’08後半戦’への闘志を新たに・・・・・
               や・は・り・・・・飲んでしまった。

昨日関東以西の梅雨入りが発表されて、わが東北南部もいよいよリーチのようだ。そうそう、二十四節季の『芒種』は今年は5日である。計算上の時刻は16:12だそうだが。これから『夏至』までの期間を指し”芒(のぎ)”と呼ばれる、イネ科植物の種子に見られるとげのような突起を持つ植物の種を蒔く頃なのだと聞く。昔はイネは直播だったのだろう、現在の田植えはもう終わっているのであまりピンとはこない。

東北南部の梅雨入りは例年6月10日頃だそうである。でも昨年は確か近年あり得な21日だった記憶がある。梅雨が心待ちの人はあまりいないと思うが、今年も可能ならば昨年同様10日程得したいなぁ~と個人的に願っている。どうも梅雨の天気は蒸し暑い日中だと思うと、次の日は梅雨冷えのする朝だったりするので体調も気分もあまりすぐれない方が多いように感じる。

平年の梅雨明けは7月23日ごろなので  

                    まっ、それまで軽く4週間強の辛抱である。

   

   

    

 

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »