2017年5月25日 (木)

初夏の色彩

17050201

 

ゴールデンウィークも通り過ぎてしばらくすると、快適な湿度と気温を持った高気圧に長く覆われる季節がやってくる。
春の花はわりと暖色系が多いような気がするのだけど、この爽やかな空気の中で少しずつ寒色系の花が視界にはいるようになってきた。ラベンダーや紫陽花、それに菖蒲や花菖蒲はまだ咲き始めだけど、ちょうど満開の時期を迎えた花もある。それが新緑の里山でも遠目に気づくこの桐と藤の花。この地方での藤棚はうっかりしていると冬期間に雪で壊れるので、あまり見かける事は少ないという事情もある。けれども少し郊外へと足を運べば立木に巻きついて自生している藤の花をたくさん見ることができる。桐は自生しているものよりも農家の庭先植えてあるケースが多くて、どちらも僕にとっては季節が夏へと向かっていることを知らせてくれる好きな色。色の絵本にもひとえに藤色と言っても『青藤色』『薄藤色』『白藤色』などのバリエーションがある書いてあって、昔から日本女性が愛してきた伝統色なのだという事を知った。

 

上の絵は桐の木に藤蔓が巻きついているという、ありそうでなかった初めて見る組み合わせだった。
これを見ていて思ったのは桐にとってはどうにも歩が悪いだろうということだ。同じ時期に咲く藤の花はあまりにもポピュラーで、それと間違えられたり、あげくの果てに藤色などと言われたことも数多あったに違いない。それでも同時に見れば同じ色目の花でも桐と藤の違いを説明するのには好都合だ。上に向かって咲くのが桐で、下に向かって咲くが藤なのだと明確に説明できる。
この花たちをながめていて心に浮かんできたのは遠い昔の記憶だった。
それは僕がまだ紅顔の少年だった頃に、年の離れた従姉達と遊んでいた花札の事で、”こいこい”という遊びの中で出てくる役の名前だった。つい懐かしくなっていろいろと調べてみると、どうやらそれはあくまでローカルな役だったらしい。けれど子供心にも変な絵が描いてあると思っていた花札にこめられた、日本の花鳥風月を知ることができたのは実に嬉しい事だった。
   
当時は疑問すら浮かばなかった事が、どうもこの歳になるといろいろと引っかかってしまう。
それは藤が四月で桐が十二月の札だということなのだ。いろいろとリンクを回ってみると、どうやらこの国では藤よりも桐の方が遥かに格上の扱いがされてきた事を知った。桐は菊と並んで皇室の印であったり、戦国時代の天皇はその印を武将たちに下賜したりもしたらしい。その一人であった豊臣秀吉はそれを家紋にしていたり、気をつけて見てみると事実上日本政府のマークになっていて、パスポートや公式会見の演台にはちゃんと桐が入っている。十二月の札である桐は何故か三枚がカスで、最後の五光に不思議な鳥が描かれていたのはずっと記憶に残っていた。
それこそが伝説の霊鳥である鳳凰だった事を初めて知るきっかけとなった、2017-初夏の色彩だった。
 僕の仕事場の前にある河川敷にはニセアカシアの林があって、木々の間にチラホラと卯の花色の小さな房が見え始めた。
あと十日もすれば芒種をむかえる。
その頃には甘いかをりの中での散歩を愉しめるだろう。

 

 

嗚呼。
     いままでも、これからも”猪鹿蝶”と関わりのないご諸兄方、ごめんなさい。

 

***

 

先週末から週明けにかけて各地とも五月としては記録的な暑さだったようだ。
僕の所ではまだ真夏日で済んだけれど、峠を越えた隣街では猛暑日を記録したとニュースで言っていた。そんな日が続いたかと思えば今朝の最低気温は平年並みの16℃だったりする。
まるで八百万の神様たちの中に、「来年酉年の連休明けは清々しい初夏の間に真夏を挟み込んでみるのはどうだろう」と神無月の例会で斬新なアイディアを出した若い神様がいて、うん、それもおもしろいだろうとなんとなく決議されたような具合だ。
 
近頃は「例年なみ」という言葉が通用しないほど、雨の降り方や気候が変わってきている。
昨年のような大きな気象変動が今年のリストには載っていない事を願うばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

|

2017年5月12日 (金)

よくぞ日本に生まれけり

170501

 

このタイトルはずっと以前に全巻を買いそろえて読みふけった、食をテーマとした漫画の一項目だっような気がする。
先月はるか離れたところから僕の許へと舞い降りた一冊の本。それは『日本の言葉の由来を愛おしむ』という表題で、サブタイトルには「語源が伝える日本人の心」と書かれてあった。以前、同じ人が贈ってくれて今やお気に入りの色の絵本となった、『日本の伝統色を愉しむ』と同じシリーズだと初めて知ったのは表紙の裏側を見てからのこと。

 

普段何気なく使っている日本の言葉について、由来を知るという事は僕にとっていままで思いもつかなかったこと。
五章で括られた目次を眺めただけでもどこから読み始めようかと迷ってしまう内容で、読み終えて思ったこと。それはまさに巻頭で著者が記している通りに「必ず置いていってくれるお土産が一つ。ちょっと誇らしく、幸せな気分です。」
になれることだった。


文字通り暮らしとは暮らすという動詞から生まれた名詞。
”くら”とは日が暮れるという意味を持ち、”す”とは行為を表すと書かれてあった。つまり昔人にとっては日が暮れるまで時を過ごすという意味があったようだ。僕の場合ここ半年程だろうか、ときどきやってしまっている無為に過ごす、という時間の使い方への後ろめたさみたいなものがあって、心に浮かんだのはあまり良くないイメージだった。現代人はデジタル数字の並びで”時”を知るけれど、昔人の”時”とは全く質が異なるものだったのではないだろうかと思った。朝日が眩しいけれど爽やかな風を感じる頃、日が高くなって小鳥の声がすがすがしい頃、それから疲労感を少しずつ覚え始め赤く染まった空を見上げる頃。もちろん時計などは持っていないから、ゆったりと動く太陽と共にいつもこうした”時”を感じていたに違いない。日暮れは毎日やってくるし、たまには”暮らし”を五感で感じていた昔人に思いを馳せてみる日本人でありたい。

 

***

 

この建物が江戸時代から続く、豪農・豪商の旧家だった事を知ったのはつい最近のこと。
それも秀逸な政客を三人も排出している名家なのだ。三つの蔵と共に目を見張る程大きな十間蔵という土蔵もあり、実にすばらしい旧家だ。これだけのものを無料で見学ができて、夜は9時までのナイター営業なのだそうだ。タオルと履物も無料で貸してくれる足湯と手湯もあって、ライトアップされた庭園はまた違った表情を見せてくれるだろう。
 
上の絵は母屋の中央部に位置し、一番奥の通間までの三部屋すべてでそれぞれに趣が異なる造りがされている。
組子細工が施された欄間や襖戸も、もちろん素晴らしいのだけど、僕が一番惹かれたのは一番手前部屋にある襖戸だった。良く見ると古い絵や扇子のような形に描かれた古文書のようなものが貼ってある。暫く見入っているとボランティアガイドの人が声をかけてきてくれた。
彼の説明では20年程誰も住んでいなかったのだけど、一般公開を機に古い襖戸に貼ってあったこれらの絵を、多少修復しながら寸分違わず張り替えたのだそうだ。部屋の真ん中に腰をおろして通間の方に目をやると、”時”とは自然の変化でありその自然の中には自分自身も含まれているのだと、襖の絵たちが呟いているような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

|

2017年4月10日 (月)

深山で出会った山吹色と 近頃のハード事情

17040101

 

「梅は咲いたか 桜はまだかいな・・・」 とこんな冒頭の件で始まる端唄があった。
これは花の事ではなくて、芸妓たちを季節の花々に例えて唄っていたという事を知ったのは、この歳になって恥ずかしながらつい数年前の事だった。僕の地方では降雪量が極端に少なかった昨年に比べても今年はまだ梅すら咲いていない。そんな事を話した知人が教えてくれたのは隣町(とは言っても県境を越えてしまう)でそろそろ見頃を迎えた、福寿草の群生地の事だった。
その場所は市街地から峠を三つも越えて、さらにつづら折りの狭い生活道路の奥にあった。時おり陽が射す広大が群生地を歩き回りながら愛でる春一番の黄金色。ボランティアガイドの人の解説で初めて知った事は、花は陽射しがなけれ開かない事。それから夏になると葉や茎は枯れてしまい、来年の春までじっと地下で過ごすことだ。この花の生態を知っている人には常識なのだろうけれど、初めて知った僕はビックリしてしまった。
 
  
一昨年偶然僕の手許に舞い降りた「日本の伝統色を愉しむ」という色の絵本にも、ちゃんと春の項目に山吹色=大判・小判と解説してあった。この絵本には色の名前が美しい日本語でたくさん紹介されてある。春一番のこの幸福の花を皮切りに、さぁ~て今年はどんな伝統色に出逢えるのだろうか。

 

17040102

 

***

 

近頃といってもここ数年、一眼レフのカメラを持って出かけることはほとんどなくなっていた。
理由は単純にかさばること。それこそレンズなどを含めるとそれだけで一つの荷物になってしまう。そのきっかけはと言えばそれと同じRAWフォーマットで記録できるコンパクトデジカメを手に入れたからだ。小さなショルダーバックやポッケにも入るコンパクトさと、ピンボケ以外はいかようにでも救済できる諧調の深さをもったそのデータ形式は、以来いつでも気軽に持ち歩けるという強みにもなっている。
最近のスマホのカメラは素晴らしく性能が良くて(特にi-phone)びっくりするほどきれいな絵が撮れる。
海外ではi-phoneだけで撮影し写真集を出版しているプロの写真家がいる。
写真集を見た後に彼の話を読んで納得してしまった。人々の表情が実に自然で素晴らしいのだ。彼曰く。人々にゴツイ一眼レフを向けると皆、緊張してこんな表情はしてくれないのだそうだ。やはりスマホならではの気軽さや親しみやすさがこんなステキな人々の表情を捉えるのだろう。昨今の技術の進歩はめざましく、きっと近い将来スマホでRAW形式の絵が撮れる時代が来るに違いない。
僕にとってのスマホデビューはそれからでも決して遅くはないのだろうと、強がりを言って周囲から失笑をかっているのも事実なのだけど。
  
 
 
また話が一眼レフに戻るけれど。
10mmの超広角レンズを手に入れたのはそれよりも2程前の事だったが、たちまち虜になってしまった。超広角を初めて手にする者がそうであるように、遠近を極端に強調したものや、それでなければ撮れないアングルなど、夢中になって撮りながら非日常的な視角をもたらすレンズ光学の魔術に感嘆していた。
そしてしばらくすると飽きてしまった。

それが今回、偶然持ったレンズの収納バックを持った時に感じたあの重さと大きさ。
日常の視点を超えて夢中になったあの頃を思い出してしまって、結局は連れて行ってしまった。
冒頭の縦長の絵なのだけど。
一番手前の花の上空わずか20センチのところにレンズがある。

 

 

 

 

 

 

 

|

«月・(祝) といふ 春の好日